<< 怪しい老人が道を尋ねてきた Sさん | トップページ | 茶室”にじり口”と箱 >>

私が箱に入る時・・・・   Mさん

パートナーと話をしていて、彼女の一言に、私の箱は、爆発した。

「私は、だれだれさんに・・・申し訳なくて・・・」の一言である。

私の心の箱が、がどうして、この時に、反応したのだろうか?

「何を綺麗ごといってこるのだ・・・・」と言う思いが,彼女に対して、こみ上げてきた。

しばらく、彼女と会話していると、さらに、ヒートアップ・・・・。彼女も私も箱の中!!

「やばい、箱入りモードである」 私は、すぐさまその場を離れ、しばし、睡眠をとった。

その後、一人で、自分の心を探って行くと。

私は、彼女の発言に対して、上からものを言っている。
彼女を下に見ている自分の心が見つかった。

まさに、『見下し箱』を発見!!

”箱対話では、相手と対等でいること、アドバイスはしないこと。”

肝に銘じて、置こうと思った。

明日の朝、「謝ろう。」と思った。

日時: 2007年12月19日 01:39