<< 別の角度から見ると・・・・ | トップページ | 過去の自分 >>

私は、父に腹が立つ・・・Yさん

ついつい、父の行いに、腹が立つ

年末、母が留守で、父と二人の生活が、3日間ぐらいつづいた。

今度こそは、腹を立てずに、頑張ろうと決めたのに・・・・

はじめは、母の留守中、いつもになく

掃除、炊事、洗濯、順調に何も不満も起らずに、私自らすることができた。

ところが、2日目の朝、父に腹が立った。

前の夜、父が自分ひとりで夜食を食べた後始末をしない。キッチンが汚れている。

もう、「頭にきた・・・」

父への不満・非難が貯まって行く。

そうすると、私の顔は、笑顔が消え、不満顔になって行く。

「何て、醜い顔になっているのだ・・・・」

「でも、この不満な気持ちどうすれば、いいのよ・・・・」

「どうしたら、箱からでられるのよ。」

そんな、気持ちを持ちながら、数時間・・・  「ふと 気付くことがあった」

人を非難する心 と 私は戦っていない。 みんな、父のせいにしている。

そんな、私にであった。 その瞬間、箱の外の世界にいるように感じた。

人を非難する心に身を任せていると、醜い姿になることに気付く。

非難する心は確かにある。でもそれと、私が父に対する態度と、イクオールではない。

非難する心がどこから、湧いてくるのだろうか?

日時: 2007年12月31日 16:34

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)