<< 2008年 はじめての個人セッション パートナー編 | トップページ | 感想 No1 "素晴らしい気づき” in 静岡 >>

感想 No2 "富士山に見守られて” in 静岡

2008年1月5日,6日 静岡の富士山の見える素晴らしく見晴らしがいい会議室で、富士山に見守られながら、新年早々の「箱セミナー」を開催しました。その時の参加者の感想です。

Kちゃん
同じ本を読んでも、人によってこれほど、受け取り方が違ってくると言う事は、本当にオモシロイ!人数が少なくても、もっともっとフリーディスカッションしていたかった。
とても「守られた感」につつまれての議論がなんとも嬉しく、お互いが愛らしく感じられた。環境が違っていても困っている内容は、とても似ている事が、分かった。
まだまだ、完全には、理解できていない様なので、何度も読み返し「箱友?」と話し合ってみたい。

Kuさん
理解できる部分もあれば、そうでない部分もあった。一方的に話をきいているだけではなくて、自分の考えている事を、直ぐに話すことができたので、ただ、話を聞いて疑問をかかえてまま、帰るのを違い、意味のあるセミナーだった。人数が少なかったのも良かった。
2日間みっちりというのが、最初は少し、嫌だったが、終わってみると、あっという間だったし、1日でこのすべてをするのは、何より無理があったと思う。時間配分もすごく良かったと思う。

Dちゃん
良かった。カリキュラムが淡々と流れていく感じでなく、時に「選択」の重要性について、参加者の事例を通して理解することが、できたのは、前回にない収穫であった。参加者もサポーティブな人達で良いムードで出来た。また、静岡での開催を計画したいと思います。

Kみん
選択できることが自由になれることだと、実感する2日間でした。たとえ、箱の中にいたとしても「箱の中」と気付くことで、次に出る か そのままいるか 選択する立ち位置にいるいないでは、未来が変わると、過去の経験から納得する。
「箱セミナー」という機会を用いて、私が相手とどういう関係でありたいか。私は、どういう心の状態でありたいか、選択前の 感覚/願望 に立ち戻ることで、明らかにする。腑に落ちることが、最大のギフトでした。

日時: 2008年01月08日 03:28

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)