<< 感想:再受講で、新たに付くこと 箱 in 東京 No.2 | トップページ | 思いやりの心 と 豊かな人生 >>

カタクナ  Kさん

なんか~いま~
父と母が~仏壇のことで~あぁでもないこぅでもない・・・
やっている。


住職さんがあぁいった・・
○○さんがこういった・・

でも自分がこうしたいから・・とは言わない。

お金がいくらあっても足りない・・

ではあなたはどうしたい?・・とは聞かない。
ではうちはこんなしていこうよ・・・とは言わない。


ご先祖様は大事にしたいけど。
仏壇やお位牌を今までより小さくしたらだめとか・・
そんなこと本当に関係あるんだろうか。

新しい家の都合で、仏壇は今まで使っていた手作り仏壇を置くスペースはなく
(とても大きいので)・・
小さめのを購入したいのです。
(うちは本家だから、先祖代々いっぱいいて~とか考えると、
いろいろとお寺さんとも相談や調整をする必要があるのです)

だけど、今度の家は、食卓の直ぐ近くに仏壇が置けて、
いつも一緒にご飯食べられるな~って私は思っていたんだけど・・・


なんか父は気に入らないらしい。
設計の時点でも分かっていたことなのに・・・
さらに自分のスペースが狭いとかも言いだした。

あぁ~・・・


もう好きにしたらって投げ出したくなってしまうけど、
そういうわけにもいかない・・・

だって私たち家族は、支え合っていかないと生きていかれない。
親はどんどん年をとる。
私だって収入は不十分。

家を建てることにしたのは間違った選択ではないし、
むしろ正解なんだけど、
ときどき起きるこんな状況は、ものすごく辛い。


コントロールせず、コントロールされず・・
無理もせず、無理もさせず・・・
お互いに嫌な思いもせず、
一緒にいることって・・・

そんなに難しかったんだっけ?


ここで私が口を挟むと、余計に父はカタクナになるから、
今は何も言えないな。
知らん顔して、これを書いてる。

すぅぅぅ~
はぁぁ~

とりあえず、こんな時は深呼吸だな。


今日は雛祭りだったよねぇ。
ちゃんとした所にお嫁に行って、帰ってこないように
飾って置くんだったかな・・
っつーのは冗談だわよ、もちろん。

日時: 2008年03月11日 20:48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)